CONTACT

LINE 無料
お見積り
CONTACT

wet area reform

水まわりリフォームの適切なタイミングはいつが正解?!

毎日使っている、キッチン・お風呂・トイレ・洗面台・給湯器といった水まわりの設備。何年前に取り替えたか覚えていますか?

新築時や引越しをしてから使い続けているこれらの水まわり設備、気がつけばもう10年以上使い続けている方も多いのではないでしょうか?
そろそろ取り替えの時期が近づいているかもしれません。

水まわり設備はある日突然、壊れてしまうこともあり得ます。
「冬場に突然お湯がでなくなった」なんてお声も実際にありました。

毎日当たり前に使っているものが突然使えなくなると、生活への支障は大きいもの。

水まわりトラブルが発生すると、修復工事の手続きや入替商品の選定など、慌ただしく物事が進んでしまい、心身や金銭的にも大きなダメージをくらってしまいます。

こういったトラブルを防ぐためにも、水まわり設備は適切なタイミングで取り替えておくことを強くおすすめします。

そこで今回は「知っておきたい水まわりリフォームのタイミング」をご紹介。リフォームを検討すべき不具合の事例もご紹介しますので、ぜひご自宅の状況と照らし合わせてみてください。

■水まわりリフォームの適切なタイミングとは?

水まわり設備は一般的に使用期間が10年を超えると、何かしらの不具合が出始めることが多いと言われています。
使用15年から20年程度で取り替えのタイミングを迎えます。

水栓のシャワー機能切り替えがスムーズにできなかったり、浴槽にとれない汚れがあったりと、不具合のサインはありませんか?

見た目には問題がなく見えても、配管といった見えない部分も老朽化は防げないため、20年以上使用し続けていると突然大きなトラブルが発生してもおかしくない状況です。

比較的大きな地震など災害時は、配管といった確認が難しい部分にダメージを受けていることもあるのでご注意です。

特にマンションでの水漏れトラブルは被害が甚大になりやすいので、長期間使用し続けるとリスクが高まってしまうことも。

不具合が見当たらない場合でも、使用15年を過ぎると水まわりリフォームを検討されて良いタイミングですね。是非、早めの対策をご検討ください。

■水まわり設備・場所別に見た耐用年数の目安

[キッチン]
・10年から20年がリフォームのタイミング
・コンロ、水栓、食洗機、換気扇といった機器類は、10年を目処にメンテナンスが必要です。機器類のみ交換することも可能です。

[お風呂]
・15年前後がリフォームのタイミング (ユニットバスの場合)
・シャワーヘッドやフロフタなど部分的にメンテナンスが必要なこともあります
・在来工法のお風呂では水漏れの可能性が高まるので、定期的な点検をしておくと安心です

[トイレ]
・10年から15年程度がリフォームのタイミング
・温水洗浄便座(ウォシュレットなど)といった機器類は、10年以内でもメンテナンスが必要なことがあります

[洗面台]
・15年から20年程度がリフォームのタイミング
・水栓や付属の照明など部分的にメンテナンスが必要なこともあります

※いずれも本体耐用年数の目安ではありますが、使用頻度により交換タイミングは異なりますのでご注意ください。

[給湯器]
・10年程度が入替えのタイミング
・10年以上の使用でいつ不具合がおきてもおかしくないと言われています

■そろそろ取り替え時期かも?要チェック!水まわり不具合サイン

[キッチン編]

□水栓からの水漏れ

ポタポタと止まらない水やハンドルや根本からの水漏れは、経年劣化が原因であることが多く、水栓取り替えサインの1つと言われています。

水栓内部のパッキン交換をしてみても改善されない場合には、水栓本体の取り替えご検討をおすすめします。

水を止める際に水栓を強く締めすぎると部品の劣化に繋がります。普段から「締めすぎないことを意識する」だけでも不具合を防ぐ対策になりますよ。

□頑固なキッチン天板のサビやシミ

ステンレス天板や人造大理石天板の場合、もらいサビがついてしまったり、コーヒーやカレーのシミなどが残ってしまう場合があります。

中性洗剤やクレンザー等でメンテナンスしてみても綺麗にならない場合には、劣化によるとれない汚れの可能性が高いです。

汚れ防止のコーティングが経年劣化で効果が落ちている可能性があり、とれないサビやシミ汚れはキッチン取り替え目安のサインでもあります。

また、ヤスリ等で削ってしまうと表面に傷がつき、その部分に汚れが溜まる原因となるのでご注意ください。

□排水溝の詰まりや悪臭

詰まりや悪臭が発生しやすいキッチンの排水溝は、特にこまめな掃除が欠かせない場所。

掃除をしても詰まりが改善されない、匂いが取れない場合には、床下の配管部分で古い汚れがこびりついていることがあります。

専門業者の高圧洗浄などでメンテナンスを行う。または20年以上キッチンを使用している場合や一度も配管を刷新していない場合には、配管ごと取り替えるキッチンリフォームのご検討もおすすめします。

□レンジフードから変な音がする

・重低音が聞こえる場合

レンジフードから重低音が聞こえる事はありませんか?レンジフードで気になる音の中でも1番多く確認される不具合です。

原因はレンジフードに溜まった油汚れが考えられます。また、油汚れの他にもほこりが中に溜まることで、回転がスムーズにいかないことにより異音が起きることがよくあります。

対策として、油汚れを掃除することで解消するケースも多く見られます。修理の依頼をする前に一度、お手入れしてみてもオススメです。

・高音が聞こえる場合

レンジフードから高音でこすれているような音が聞こえる場合は、換気扇の回転部分に原因があることが多いです。

対策としては回転軸の部分に潤滑油を使用するなどしてスムーズな回転に変わるか確認してみてください。それでも解決しない場合には、メンテナンスのご相談をおすすめします。

・金属音がする場合

金属音がする場合は、レンジフードの消耗や内部部品の劣化が考えられます。
この金属音は清掃やメンテナンスでは解消することが難しく、パーツの交換が必要なことも多々あります。

長年使用しているレンジフードの場合には、修理部品の生産が終了している場合もよくあります。
この場合ではレンジフードの取り替え、またはキッチンリフォームの検討をおすすめします。

□レンジフードの吸い込みが悪くなった

レンジフードのトラブルでは、吸い込みの能力が悪くなったといった声が多く聞かれます。
換気性能が落ちている場合は、モーターの不具合や本体の劣化が第一に考えられます。

さらに、レンジフードは耐用年数を超えると換気性能が大幅に落ちるという特徴があります。
一度内部の掃除をしてみても、換気性能が変わらない場合には取り替えの検討をおすすめします。

□食洗機が水漏れする

食洗機の水漏れは最も多い不具合のサインです。

考えられる原因は、内部の排水ホースに亀裂が入る。パッキンの劣化やポンプやセンサーの故障など多岐にわたります。

食洗機の水漏れが確認される状態で使用し続けていると、マンションの場合などは階下に漏水してしまうトラブルにもつながるので、水漏れが確認された場合は使用を中止してください。

対応策として部品の取り替えで症状が改善されることもありますが、使用年数が10年以上経っている場合は、修理部品の生産が中止されていたり、修理代が高額になることもあります。

上記のことから使用年数が10年を超えている場合は、取り替えを検討してみても良いかもしれません。

□食洗機で綺麗に洗えなくなった。乾きが悪くなった。

食洗機を長年使用していると、食洗機内の回転が遅くなり、以前より汚れが落ちなくなったなど不具合を感じる症状が出てくることがあります。

このような症状の場合は、ゴミの詰まりで正常に作動していない場合があります。
一度食洗機内の清掃をしてみてください。

症状の改善が見られない場合は、本体の劣化も考えられるので、取り替えをご検討ください。

□ガスコンロの火がつきにくい

ガスコンロでよくある不具合ですが、点火部分に汚れがついている場合に着火しないことがあります。
一度、歯ブラシなどで掃除をしてみてください。

もしくはガスコンロの電池切れも考えられます。
ガスコンロの電池は1年が寿命と言われていますので、定期的な交換が必要です。

掃除や電池交換を試してみても症状に改善が見られない場合は、本体の劣化が考えられます。

□火の色が赤やオレンジ色になり、青色にならない

ガスコンロの火の色が赤やオレンジになっている場合は、不完全燃焼が起きています。
これは大変危険な状態なので、バーナーキャップの清掃を行っても症状が改善されない場合には、使用を中止してください。

調子が悪いガスコンロを使い続ける事は事故につながる恐れもありありますの。こういった場合にはすぐにでも取り替えをご検討ください。

□IHコンロの一部の機能だけ使えない

調理時の吹きこぼれや汚れの溜まりは、IHコンロの内部に不具合を起こす原因となります。

このようなことが原因で、IHコンロの電源が入らなくなったり、一部の機能が使えなくなるなどの不具合が出てきます。

一部の機能だけ使えないのは、IHコンロの経年劣化の症状としては多いケースです。

□ガラス天板にヒビが入る

IHコンロの天板にヒビが入った状態で使用し続けると、吹きこぼれがヒビの隙間からIHの内部に入ってしまう可能性があり、火災や感電につながるケースがあります。

こういった場合にはIHコンロの使用を中止し、修理をご検討ください。表面のガラス天板だけを取り替える修理が可能です。

水まわり不具合サイン[お風呂編]

□お風呂の排水口・排水管の詰まり

お風呂の排水時に流れが悪いことはありませんか?その場合、排水口や排水管で詰まりが発生している可能性があります。

詰まりが原因で水の逆流を引き起こすこともあるため、スムーズに流れない時はまずは詰まりを疑ってみましょう。

詰まりの主な原因は以下ものがよく挙げられます。
髪の毛や皮脂、垢・石鹸カスといった固形物・シャンプーやボディーソープといった石鹸類。
お風呂でよく使うものも詰まりの原因になります。

詰まりを予防するには、定期的な排水口の掃除・排水口にネットを取り付けることで日々対策しましょう。

詰まりの症状が見られる場合にご自身でできる解消法は以下の通りです。
液体パイプクリーナーを流す・重曹とクエン酸を使った排水を行う・トラップの掃除・詰まり専門道具を利用する。
まずは上記の対策を試してくださいね。

また、このような掃除をしても症状が改善されない場合、「高圧洗浄」といった専門業者での掃除をご検討されてもおすすめです。
詰まりによる悪臭の改善にも効果的ですよ。

注意点ですが高圧洗浄は詰まり具合にもよりますが、作業費用が高額な場合もあります。
マンションでは全戸対象の高圧洗浄メンテナンスを行う場合もあるので、定期的に掃除を行いましょう。

お風呂の配管類を20年以上更新していない場合には、配管の劣化が考えられます。詰まりや漏水を予防するためにも、配管更新も含めたリフォームをおすすめします。

□水栓やシャワーからの水漏れ

洗い場の水栓やシャワーから水が漏れている。水栓の水が止まらないといった不具合はお風呂の不具合ではよくあります。

内部のパッキンが劣化している、接続部分が緩んでいると言った理由であることが比較的多く、部品交換など修理作業で解決するケースがほとんどです。


シャワーヘッドの不具合では、最初にシャワーヘッドを外し内部の部品を点検しましょう。
シャワーでも部品破損の場合は部品交換することで症状が改善されることもあります。
日頃の清掃やメンテナンスを定期的に行うことも水漏れ予防になりますよ。

また、部品交換でも症状が改善されない場合や長年使用している水栓の場合、劣化が原因の可能性が高いため取り換えをご検討ください。

□シャワーの水圧が弱い

シャワーの水圧に関するトラブルの原因では「シャワーのフィルター部分の詰まり」「上水栓による制限」「給湯器の容量不足」「シャワーホースの劣化」「配管内での漏水」が考えられます。

シャワーが原因の場合、シャワーヘッドとホースの間にゴミや水垢で詰まりを起こしていることがあります。この場合は掃除で簡単に解決可能です。

また、上水栓を確認してみてもよいでしょう。上水栓は水量をコントロールしているため、締まりすぎていると水の量が少なくなり、シャワーの水圧の弱さにつながります。
引越し当初ではよくあるトラブルなのでお気をつけください。

給湯器の容量不足に関しては、大きいサイズの給湯器に交換することで解決する場合があります。
シャワーとキッチンの水栓を同時に使わないなど工夫することでも改善が可能です。

上記の対策で改善がされない場合には、漏水が原因の場合もあるので、専門業者での点検をおすすめします。

□浴槽のひび割れ

FRP素材や人工代理石の浴槽内にひび割れやサビが見られる場合には、塗装による補修を行うことがあります。
ステンレス浴槽の場合は塗装ができないこともありますので、専門業者に適切な対策を確認しましょう。

上記の塗装補修では解決できない場合、浴槽本体の交換をする場合もあります。
昔ながらの在来工法のお風呂では浴槽交換が可能なこともありますが、ユニットバスでは難しいことがほとんどです。

可能な場合でも施工費用は高額なので、お風呂全体のリフォームをしたほうが費用を抑えられることもあります。

また、浴槽内のひび割れは劣化による原因も多いです。耐用年数を超えていることも多く、補修よりも、お風呂全体のリフォームをされる方が長い目で見るとお得なこともあります。

□壁や天井、床タイルの劣化

主に在来工法のお風呂場合(ユニットバスではない場合)壁や天井、床のタイルに劣化が見られると、部分的に補修をすることがあります。

また、ユニットバスの場合は多くはこのような部分補修ができないことがあります。

劣化したパッキンや目地からは水漏れがしやすいので、在来工法のお風呂の場合仕上げ材の劣化防止メンテナンスは定期的に行いましょう。

こういったメンテナンスの煩わしさや水漏れしやすい理由から、リフォーム時にユニットバスを採用される方がほとんどです。
在来工法お風呂を使用している方は、将来的にユニットバスへの切り替えも選択肢に含めご検討ください。

□お風呂ドアの不具合

お風呂のドアが開閉しにくい、浴室から水が漏れる、アクリルドアパネルが壊れたといった不具合は修理での対応が可能です。

ドアノブやパッキンの交換は比較的簡単な修理なので、ご自身で対応可能なこともあります。

また、ドア枠を外して枠とドアを交換する場合は、ご自身での対応では複雑なため、リフォーム業者等に依頼されることをおすすめします。


□換気扇・暖房乾燥機の不具合

換気扇が動かない、換気量が弱い、換気扇から異音がするなどの不具合がある場合は、修理もしくは取り替えが必要です。

取り換え時にに高性能な機種を選ぶ場合や、設置の際に一部天井を解体する必要がある場合は、補修費用が高額になる場合があるのでご注意ください。

浴室暖房乾燥機でも異音がする。暖房や乾燥の性能が低下しているといった不具合が出ていたら、修理または交換を検討しましょう。
メーカー保証期間内である場合には、製造元の修理窓口に問い合わせてみることもおすすめです。


□お風呂のDIY修理は気をつけて

お風呂の修理は高額になる場合が多く、節約のためDIY修理を検討される方がいるかもしれません。

しかし、お風呂のDIY補修により水漏れなどが悪化してしまうことも考えられます。特にマンション住まいの方は水漏れを起こすと階下の方に多大なる迷惑をかけてしまいます。

また、換気扇といった機械類は多くの場合、配線工事が必要なためDIYでの修理が難しいこともあります。

DIY修理は簡単な部品交換程度に留めておくことをおすすめします。

お風呂で多く確認される水漏れのトラブルは、ゴムパッキンやコーキングが経年劣化しているパターンが多く見られます。
劣化具合によっては部品交換で解決する可能性も高いので、一度専門業者に見てもらい、適切な対応方法ですすめましょう。

また、お風呂の耐用年数は10年といわれています。使用15年を経過している場合には、劣化が原因での不具合が多く、部分的な修理ではなく取り替えする方が良い場合が多く見られます。

水まわり不具合サイン[トイレ編]

□トイレが詰まった

トイレが詰まった場合は何を流したかによって対応策が異なるため、原因の確認が重要です。

無理に流そうとすると、逆流して水が溢れてしまったり、異物が取り出しにくい位置に流れたりするなど状況が悪化することがあります。


トイレ詰まりの対処法は、流せるものが詰まっている場合にはラバーカップを使用。
トイレに流せない異物が詰まっている場合は、ゴム手袋を使用しなるべく手で回収しましょう。

異物を発見できない場合は、排水管のどこかで詰まっていることが考えられます。
無理にご自身で対処しようとせずに、専門業者への依頼をご検討ください。

□トイレの水が止まらない

トイレの水が止まらない原因は以下のことが考えられます。

タンク内の部品不具合により、給水が止まらずタンク内の水位が高すぎる状態になっている。
オーバーフロー管が折れている、もしくはひび割れしている。といった状態ではありませんか?

トイレタンクの蓋を開けて、どの部品に不具合が起こっているのか確認することが必要です。
その場合、不具合箇所の部品を交換する必要があるので、修理の依頼をおすすめします。

□トイレからの水漏れ

トイレの床が濡れている場合は、考えられる原因として以下が挙げられます。

給水管やタンクからの水漏れ。ウォシュレットなど温水洗浄便座の劣化。
便器の破損。フランジの劣化が考えられます。

トイレからの水漏れはほとんどの場合、ご自身での修理は難しいです。
症状が確認されたら速やかに修理専門業者やリフォーム業者への相談をおすすめします。

□トイレの水が流れない、タンクに水が溜まらない

トイレの水が流れない場合に考えられる原因としては、タンク内部品が劣化している。レバーの軸が折れていることが考えられます。

どの部品に不具合が起こっているのか確認し、異常があれば部品交換を行いましょう。

タンクレストイレの水が流れない場合は、内蔵されているバルブや電気系統などの経年劣化が原因と考えられる可能性が高いです。
修理部品が廃盤となっている場合は、トイレ本体の交換が必要になるケースも考えられます。

□温水洗浄便座 (ウォシュレット)が動かない

ウォシュレットなど温水洗浄便座が動かない場合は、電気系統の不具合の可能性が高いです。

まずは下記の状態を確認してみましょう。
電源プラグがしっかり差し込まれている・電源が入っているか・リモコンの電池が切れていないか。

どうしても動かない場合は故障が考えられます、修理依頼を行いましょう。

また、一般的に温水洗浄便座の寿命は10年程度と言われています。
寿命による故障の可能性もあるので、取り替えをご検討されても良い場合もあります。

水まわり不具合サイン[洗面台編]

□洗面台の照明がちらつく、点灯しない

洗面台の蛍光灯やランプの取り付けに緩みがある場合があります。
照明カバーを外して確認し、正しくセットしてみてください。また、蛍光灯が切れかけている場合は電球の交換をしてみましょう。

上記対策で改善しない場合は、修理をご依頼ください。

□洗面台から水漏れする

水が止まらないなどの症状が出ている場合は、洗面台下の止水栓を止めましょう。

洗面台で水漏れする原因は下記のことが挙げられます。
水栓やシャワーホースの劣化。排水パイプや給水管の接合部の緩み。排水パイプや排水管の詰まり。

部品の調整や掃除をすることで改善されるか確認してみてください。

水栓や配管の劣化による水漏れも考えられるので、原因がわからない場合には専門業者に相談してください。

□水の流れが悪い、悪臭がする

排水口のヘアキャッチャーにゴミが詰まっている場合があります。ヘアキャッチャーのお手入れを日ごろから行いましょう。

また、排水トラップに汚れが蓄積している可能性があります。市販のパイプクリーナーを使って配管の洗浄を行いましょう。

症状が改善されない場合には、高圧洗浄等の専門業者の作業が必要な場合もあります。定期的な掃除をして詰まりや匂いの予防を行いましょう。

□収納扉や引き出しがずれている、がたつく

扉がずれてしまった場合やがたつく場合、扉の丁番についている調整ねじを回して調整が可能です。

引き出しの場合も、引き出し側面の調整ねじで調整が可能な場合が多いです。カバーの下にねじがある場合があるので、仕様をご確認ください。

プラスドライバー1本で改善できるので、ご自身での対応も可能なこともあります。不慣れな場合、上記対応で状況が悪化してしまうこともあるので、その場合メーカーや専門業者に相談をおすすめします。

以上がよくある水回りの不具合の事例でした。
ご自宅では似たような不具合はございませんか?今一度ご確認くださいね。

こうした水回りの不具合サインをそのままにしておくと、劣化のペースが早まり、耐用年数が標準よりも短くなってしまう場合があります。

何よりある日突然、水回り設備が使えなくなってしまうのは、生活においても大きなダメージになります。

キッチンやお風呂といった取り替え工事は2日以上かかることも珍しくありません。
リフォーム業者への相談、商品発注から工事まで1週間以上かかることも一般的ですので、水回りが使えない日々が長くなると生活や金銭的にも負担が大きくなります。

こうしたトラブルを防ぐためにも、不具合が確認されたらすぐに修理の相談や取り替えをご検討されることをおすすめします。

「まだ使えるから大丈夫!」では危険なことも。水回りの設備は特に、壊れる前に交換が重要です。
耐用年数を超えてくる使用10年後からは、水まわりリフォームの準備を始めましょう。使用15年後からは不具合が無くても、リフォームを具体的に計画してくださいね。

また、日々のお手入れも劣化を防ぐ重要な対策です。大変ではありますが、定期的なお手入れを行いましょう。